log

Supreme ブルックリン店の内装デザインを隅々まで撮影したフォトセットが到着

08 18 *2018 | 未分類

〈Supreme(シュプリーム)〉は昨年10月、ニューヨーク・ブルックリン地区に新ストアをオープン。実はこの場所、ストリートウェアの雄のためにNeil Logan(ニール・ローガン)とMinji Kim(ミンジ・キム)の2人が改装する前は、2,938㎡を要する配送用トラックの収納スペースだったのだ。

天井が高く、漆喰を剥がした2m超えのブロック壁に囲まれた空間は、隆起したグラインドレール付きのメタルベンチを設置することで、簡素ながらもどこかインダストリアルな雰囲気が漂う。また、店内の奥には『Supreme Brooklyn』の最大の特徴である木製のスケートボウルが鎮座。『ArchDaily』はこのアイコンについて、「バルト海産の樺の木でできたベニヤ板を100%使用したこのボウルは、アートコレクティブのSimparchがシカゴで製造して、ここまで運び、インストールしたものです」と説明している。

また、このジオメトリックなボウルの裏には、カーテンで覆われた更衣室が2部屋隠れており、スケートクリップを流している店頭の液晶も背面には鏡を設置。そして、入り口の壁裏を覆い尽くすスケートデッキとアートワークも見逃せないポイントだろう。

『Supreme Brooklyn』の内装を隅々まで撮影したフォトセットは、上のフォトギャラリーからどうぞ。

16:07 [Comment:0]

comment